真価を届けるデザイン・ブランディング

Mond Brand(モンドブランド)のロゴ

CONTACT

Column

「5万円でホームページ」は本当に実現するのか。
~格安ホームページの仕組みと「安い」にこだわらないための代替策~

こんにちは。モンドブランドの川口です。

ホームページを作りたいという方にとって
いかに制作費を抑えて良いものを作れるかは、とても大事な問題ですよね。

実際、「5万円でホームページを作ります!」という触れ込みを見かけることもまれにありますし
私自身も予算5万円でホームページを作ってもらえませんか、というお声掛けをいただくこともあります。

5万円でホームページができるなら、
作ってみても良いかな…?!という気がしてきますよね。

5万円ホームページが成立する3つの理由と
失敗しないための対策

結論から言いますと
5万円でホームページを作っている制作会社はあります。

しかし、5万円で1からホームページを作る、ということは
本来の価格から大きく乖離している「破格」であり
「安いから」というだけの動機で安易に作るのはおすすめしません。

もしまともに5万円でホームページを作るということをすれば
制作者はとても生活してゆけないのは
制作に要する期間を考えていただくと想像がつくのではないかと思います。
(当方では一律お断りさせていただいています。)

ではどうして
5万円で制作を請け負っている制作会社さんが存在するのか、
どうしてそんな「破格」が成立するのか、
そもそも制作の相場やコストなんて知らない!という方のために
よくある3つのパターンを今日は書いてみたいと思います。

※「5万円」はあくまで一つの例えであり
3万円や6万円などでも、同じようにお読みいただけたらと思います。

安い理由を知っておくことで
失敗を未然に防ぐことができる

たとえ相場よりも格安とはいえ、5万円は大きなお金。
ホームページを一度作ってしまえば、そう簡単に作り直すわけにもいきませんし、
一度公開してしまえば、そのホームページはあなたの会社やご事業のイメージとして定着し
なかなかそのイメージをきれいに「撤回」することも難しいです。

安易に「安さ」だけに目がくらんで後々失敗しないためにも
良かったらご参考になさってみて下さいね。

また、お金をかければかけるほど良い、というわけでもありませんから
逆に「こんな方には合っている」という例もご紹介したいと思います!

(今回の記事は、特定の会社様やビジネスモデルを批判する主旨ではありません。
あくまでホームページ選びのひとつの基準としてご参考にしていただけましたら幸いです。
今回記載の内容が全ての制作会社様に当てはまるわけではなく、もちろん例外もございます。)

1. テンプレートを利用し、
制作工数を大きく抑えている

格安で制作しているサービスで一番多いパターンは
こちらではないかと思います。

既にある自社用のテンプレートを流用して
制作作業を効率化・マニュアル化・分業化し
作業にかかる手間暇を大幅に削減するというパターンです。

全く1からではなく、既にあるものをカスタマイズするため
ホームページの原価の大半を占める人件費を削減できるという
とても合理的で効率の良いシステムです。

制作工程が少ない分、価格がコンパクトなのはもちろん、
完成までの納期が比較的短くなりやすいのも大きな特徴です。

メリット

  • 工数が少ない分、納期が早い
  • 制作事例のレイアウトから大きく外れることがあまりないため
    作る前から完成物のイメージがしやすい
  • とんでもなく奇抜なデザインや、
    見当違いの仕上がりにはなりにくい

デメリット

  • いわゆる「よくあるホームページ」になりがち
  • 何年も前のテンプレートを使い続けていることもあり
    制作業者によっては少し時代遅れ感のあるデザインや
    内部構造に仕上がる可能性もあります
  • 既にあるテンプレートをもとに作るという性質上、
    オーダーメイド的な要望や追加のオプションなど
    例外の対応は制約があったりできない可能性もあります

こんな方に合っています

  • 見た目や二の次でとりあえず短納期でホームページを設けたい
  • 奇抜なデザインや見た目的な差別化が不要で
    いわゆるお堅い・厳格なレイアウト、無難なページを望まれる業種
  • 固定のお得意様が既にいて、独自の販路や人脈がある
    あるいは業界で確固たる地位が確立されているなどの理由で
    ホームページによる大々的な集客は考えていない

よく言うと、完成物のイメージがしやすく、
サクッと早く納品してもらいやすいパターンです。

制作工程もシンプルでマニュアル化・効率化されていることも多く、
面倒なコミュニケーションコストも比較的生じにくいです。

デザイン的な相性や失敗が心配な方や、コストを最優先したい方、
あまり見た目的な冒険が必要ない業種にはとても理想的なプランです。

制作会社を選ぶ際のポイント

  • 制作事例を見てみましょう
    こんなページや機能が欲しい、
    こんなデザインがいい、
    そういった理想に近い事例がある制作会社だとGOODです
  • 制作会社のホームページ自体が古臭さや見づらさがないか
    お客様としての目線からチェックしてみましょう
  • 後述しますが、プラン2のような
    長い目で見て割高になるカラクリがないか確認しましょう

2. 初期費用は安いが、
「維持費」で不足分を回収するサブスクリプションモデル

こちらは少し注意が必要です。

初期費用を安くする分、
月額運用で制作費用を回収するビジネスモデルです。

 

メリット

  • 初期費用を安く抑えながら
    高品質なホームページの制作が実現できます
  • 毎月一定額の支払いというケースが多く
    資金計画が立てやすく、財源を圧迫しにくい

デメリット

  • 長期的に見るとかえって高くつく場合があります
  • 維持管理含めて長期的に契約を結ぶ必要がある場合が多く
    解約や他の制作会社に変えることが難しい場合も

こんな方に合っています

  • 今は手持ちの資金が限られているが
    長期的には増収の見込みがある
  • まとまった金額をすぐに払うのは難しいが
    ホームページの品質は妥協したくない
    ホームページの質が集客や値決めを大きく左右する業種
  • 信頼のおける制作会社・担当者で
    メンテナンス含めて長期的にここに全てお願いしたい!と決めている

このプランは、考え方や懐状況によりけりです。

本当の意味で「格安」とは言い難いのが特徴ですが
初期費用を安く抑えつつ、クオリティの高いサイトを作りたいという方
ホームページを「一生付き合っていくものへの初期投資」と捉える方にとっては
良心的なプランとも言うことができます。

事業初期はなにかと出費が多く、事業資金に余裕のあるケースの方が稀。
キャッシュフロー的に今すぐの支出が難しい方でも無理なくホームページが作れますからね。

しかし、例えば毎月2万円の支払いがあるとすると
1年で24万、2年で48万。
毎月3万円であれば、1年で36万、2年で72万…
そう考えると、積もり積もってけっこう大きな金額になるのも事実です。

分割払いとサブスクリプションモデルの違い

それであれば、一見高く見える数十万円のホームページの方が
かえってトータルで安く済んだ、ということも少なくありません。

制作会社によっては制作費の分割払いができたり、
クレジットカードの分割払いという形でも初期費用を抑えることは可能です。
(Mond Brandでも分割でのお支払いが可能です)

分割払いの場合はお支払に終わりがありますので
いつまでも「維持費」という形で定額を払い続ける必要がありませんしね。

注意すべきは、制作コストを回収するために制作後も維持管理の契約を結び
長期的にその制作会社とお付き合いをする義務がある場合もあります。

制作会社を選ぶ際のポイント

もしそうなると、仮に制作過程で相性が合わなかったり不満があっても
簡単には他の制作会社に乗り換えにくく、
スマホやウォーターサーバーの契約のように、短い期間で契約を終えた場合は
違約金や手数料などが発生する場合もありますので(すべての会社がそうとは限りませんが)
依頼前に契約内容を隅々まで読んで把握しておくことをお勧めします。

または、何があってもこの人に半永久的にお願いしたい!という方に向いているプランです。

3. 経験が少ない
駆け出しの初心者制作者

これもよくあるパターンで
某プラットフォームサイトやSNSで
「こんなことできます。お仕事下さい!」と
制作者さんが自らお仕事を募っているパターンです。

駆け出しの制作者さんの場合、
「実績作り」と割り切って、半ばボランティア的にモニターを募っている場合と
単に相場を知らないがゆえ、破格で募集している場合の2つに大きく分かれます。

メリット

 

デメリット

  • 人により品質や人柄の信頼性にバラつきがあります
  • 難しい知識や、実運用面での知識が乏しい場合もあります
  • 本人の趣味嗜好が入る場合があります

 

こんな方に合っています

  • この人にお願いしたい!という
    信頼できるクリエイターである
    万が一多少の不備があっても、「応援したい」気持ちが勝る
  • あまり難しい仕組みは必要ない
    シンプルな作りのホームページがほしい

 

基本的にはご自身の実績作りのために制作されているので
お値段以上に頑張って制作してくれると思いますが、
後者の「相場を知らない」場合はちょっと注意が必要です。

というのも、相場を知らないがゆえ破格の金額を設定している場合、
制作者の方が制作作業の全体像を把握していないがゆえ
(制作者側にとって)想定外の対応しきれない作業が生じる可能性も無きにしも非ず。
制作そのものが進んでも、セキュリティなどの運用する知識や経験が心配なケースもあります。

おそらくこのような極端なケースはまれですが
納期が延びたり後から他社で手直しが必要になるといった可能性もゼロではないことを
万が一のことを考えて、納期などに余裕を見ておいた方が安心かと思います。

選ぶ際のポイント

この場合は制作会社ではなく、
個人や個人事業主に依頼するパターンが多いと思います。

見るべきは、その人が信頼できるかどうかでしょう。
感性が合う、礼儀正しいなど、見るべきポイントは人それぞれでしょうが、
不安な場合は、依頼前に簡単な質問をしてみて
何往復かやりとりをしてみたりすることもおすすめです。

 

個人的には、案件欲しさに安易に5万円で募ることは
「ホームページは5万円で作れるものだ」という誤った認識を浸透することにつながりかねないので
初心者であろうとあまりよく思っていません(制作を担う以上はプロですからね)。

格安制作会社が
どのパターンかを見分ける方法

3は個人がほとんどだと思いますので置いておいて、
1と2の見分けは制作事例をご覧いただくとわかりやすいと思います。

制作実績を見てみて、
ボタンやテキストの配置などがどれも似たような作り
→1のテンプレートタイプ

料金プランが「月々」いくらと書いてある
→2のサブスクリプションタイプ

でしょう。

そもそも5万円かけてまで
ホームページが必要ですか?

ここまで、格安でホームページを作れる3つの理由を書きましたが
上に挙げたように、格安ホームページにはそれなりの理由があり
格安で満足のいく品質を求めるというのは難しいのも事実です。

言い換えると、制作費を抑える代わりに、
どこかで妥協が必要になってくることも少なくありません。

そこで私が問いかけたいのは、
そもそも、あなたは5万円をかけてでも
今すぐホームページが本当に必要ですか?
ということです。

格安ホームページを
「作らない」という選択があってもよい

懐状況や、作りたい品質を考えた時、
「ホームページを”今は”作らない」という
トレードオフの選択もあってもよいと、私は思っています。

ホームページでなくても
ネット上で存在できる手段はある

では、ホームページを作らない代わりに
何ができるかというと、

  1. まとまった資金が貯まるまでは
    SNSやブログなどの無料ツールを運用する
  2. 無料で作れるホームページテンプレートで自作する

ということが挙げられます。

個人的には、1の無料で作れるSNSやブログのアカウントを開設し
ご自身で運用してみることをおすすめします。

これは、ホームページがないから代わりに、ではなく
今やホームページを持っていてもSNSを組み合わせて多面的に発信する必要がありますから
決してその場しのぎの対策ではなく、今後に生きてきます。

SNSは無料だからといって侮れないツールで
今や自然検索よりもたくさんの人の目に留まりやすかったり、
視覚的、直感的に訴えかけやすかったりというメリットもあり、
大きな企業であっても、SNS運用の人員を雇用したりと力を入れています。

ご自身でWEB媒体を運用してみることで、
お客様の生の反応を見たり、あれこれ試行錯誤してみることで
いざホームページを作る段階になった時も対等に建設的な打ち合わせがしやすくなりますし
ご自身の事業についての理解も深まりやすくなります。

独自ドメインにこだわらなくとも
ホームページを持たずにブログやSNSだけで有名になったり本を出版されたり
予約が途切れず常に満席が続いたりと
ご活躍されておられる例も多く見受けられます。

そうして地道ながら、少しずつ事業を大きくしていき
ある程度の人とお金が集まっていよいよホームページが必要になった時には
より納得のいく品質のホームページを作ることができるかもしれませんからね。

逆に言うと、そういった無料の代替ツールで作れない
高機能なサイトや独自の世界観が必要であれば
多少背伸びしてでも「初期投資」をされてみる価値はあるのかもしれませんね。

まとめ:その「安い」は
事業の将来を豊かにするか

繰り返しになりますが、
安いサービスが必ずしも悪いと言いたいわけではありません。
しかし、安さの理由を知っておくことによって、
それがご自身の許容範囲にあるのかを知っておく価値はあるのではないかと思います。

もちろん、安くて質の良いホームページを作れるに越したことはありませんが
ホームページというと、永く使うもの。
そして、あなたが居ない場所であなたの代わりに自己紹介をしてくれるツールでもあります。

後々のご事業のイメージを左右するホームページ。
判断基準はそれぞれですが、失敗を未然に防ぐためにも
良かったらご参考になさってみて下さいね。

この記事に関連した
おすすめメニュー

ホームページ

WEB制作や
デザインのご発注で
後悔しないために

ブラックボックスになりがちなデザイン・ホームページ制作のお取引を
より安心してお任せいただくための下知識に。
制作会社選びやホームページの内容づくりのご参考に。
お役立ていただけましたら嬉しいです。

Service-Menu

サービス一覧

あなたのビジョンを
聞かせてください

Mond Brandでは、ホームページ制作を通して
「ほしい」と「できる」をつなぐお手伝いをします。

まずはフォームよりご予約願います

24時間 オンラインにて受付中です


先頭へ戻る